地震に備えよう

自治体のとくしま防災Site

いざという時のために
※防災site(リンク集)へは、 下記URLよりご確認ください
https://ponmaru.jp/ponmarubousai2018/pondex.html

くーぽん丸。防災リンク集
2018年1月時点での30年以内発生確率が「70~80%」に引き上げられた南海トラフ巨大地震(政府の地震調査委員会)に備え、徳島県・各市町村が取り組む防災、減災に関するwebサイトをまとめました。
地震、津波、洪水などに対応する「防災マップ」、それぞれの「避難所リスト」を中心に、現在公開されているサイトのリンク集です。いざという時のために、お住まいの地域の情報をご確認下さい。

南海大地震に備えよう(非常用品の準備、災害用ライフライン)

必ずやってくる南海大地震に備えよう

Q1. あなたの避難場所はどこか知っていますか? → 市町村に確認しておきましょう
Q2.非常用品「まさか」のときに備える

非常持出品 とっさに持ち出せるようリュックサックなどに入れておき、目のつくところに!

  • 貴重品(携帯電話・充電器)
  • 非常食品(飲料水、チョコ、氷砂糖、アルファ米、ミルク・哺乳瓶(乳幼児))
  • 命を守るもの(ヘルメット・防災ずきん、軍手、防塵マスク、タオル、懐中電灯・予備電池、ホイッスル、ナイフ)
  • 生活用品(携帯ラジオ、マッチ・ろうそく・ライター、雨具、ウェットティッシュ、レジャーシート、ゴミ用ポリ袋、新聞紙、油性ペン、使い捨てカイロ、生理用品、紙おむつ、救急箱)

非常備蓄品 食料品・消耗品は一人3日分必要です。(地震がおさまった後の生活に)

  • 貴重品(免許証・健康保険証・権利証書コピー)
  • 非常食品(飲料水(1人1日3L)、カロリーメイト、缶詰、レトルト食品、チョコ、インスタント食品)
  • 燃料(マッチ・ライター・ろうそく、卓上・携帯コンロ、予備のガスボンベ)
  • 生活用品(懐中電灯・予備電池、下着・衣類(ジャージなど)、ロープ、毛布、寝袋、マット、シート、トイレットペーパー、折り畳みポリタンク、簡易トイレ、筆記具、生理用品、介護用品)
  • 工具(バール・スコップ・斧・ハンマー)
  • その他(キッチン用ラップ・アルミホイル、ごみ袋、十徳ナイフ、裁縫セット、知人・友人親戚の連絡先)
  • 生活用水(風呂、洗濯機などへの水の汲み置き(ふたを閉める))

災害用ライフライン
災害用伝言ダイヤル「171」(災害時の安否確認システム)
「すだちくんメール」で安否確認 http://ourtokushima.jp
住まいの耐震化
耐震に耐える家に改修しよう!ぜひ、耐震診断を受けてください。
徳島県 県土整備部 住宅課建築指導室 耐震化担当 Tel.088-621-2598
お住まいの市町村担当課(建設課または総務課)

家の中の安全対策

棚の転倒や中身の飛び出し防止
ストッパーや転倒防止金具で食器が飛び出さない工夫をしましょう。
家具の位置をかえるだけで、安全に!
ふとんやベッドの位置は、家具のそばや照明の下を避けましょう。
また、出入り口をふさがないように家具の配置を考えましょう。
本棚にはこんな工夫も
自転車の荷ゴムは本の飛び出し防止に役立ちます。
本の高さの半分の少し下あたりにすることで、本の出し入れがスムーズに。本棚を壁に固定して、重い本は下に置きましょう。
割れにくい家具を選ぼう
割れたガラスの破片によって、避難が遅くなったり、足をケガすることがあります。家具はプラスチックの鏡や和紙のライトなど、割れにくいものを選びましょう。
クッションやぬいぐるみが体を守る
大きめのクッションやぬいぐるみがあれば、体を守るために使えます。
手が届くところにあれば便利です。
電化製品を固定しよう
大型電化製品の転倒は大ケガにつながります。
強力なマジックテープや耐震ゲルマットなどの防災用品で固定して、倒れたり、すべったりしないようにしましょう。
カーテンでガラスの飛散を防ぐ
日中はレースのカーテン、夜間は厚い生地のカーテンをしめることで、ガラスの破片が部屋中に飛び散るのを防ぎます。

住まいの耐震化相談・フレッセ

住まいの耐震化

県産材を活用した室内用耐震シェルター

フレッセでは、徳島県と徳島大学工学部の協力を得て、「県産材を活用した耐震シェルター」を開発しました。
県や市町村が実施する、工事費用(税込)の一部を助成する制度を利用できます。

耐震シェルターとは
家屋内の部屋の中に頑丈な部屋(耐震シェルター)を設置する事で、地震時の家屋の倒壊から身を守る避難場所を提供します。
  • 低コスト 家全体の改修工事に比べて安価
  • 短期施工 約3日程度の工事で設置可能(基本構造躯体のみ)
  • 居ながら施工可能 工期中の引越は不要
フレッセは
建設関係で働く事業主、一人親方、職人などの仲間をサポートする組合です。
事業内容

健康保険(中建国保)/労働保険/税金相談/各種共済/建退共/資格取得/各種講習・申請手続き/ボランティア活動/無料弁護士相談などを行い、仕事と暮らしをバックアップしています。

例えば・・・

  • 若年技能者の育成をしたり、青年部・主婦の会・親建クラブ(70歳以上)それぞれで、地域に根ざした活動やボランティアに取り組んでいます。
  • 上記、震災対策「耐震シェルター」をはじめ、「住宅デー」として無料包丁研ぎ、学校や施設の修繕奉仕、住宅・耐震相談、木工教室なども行っています。

フレッセ(全徳島建設労働組合)
徳島市南矢三町3-3-29 Tel.088-632-1351 Fax.088-631-5473
http://hurresse.jp/

LINE@友だち登録でお得な情報が定期的にゲットできます!!

メール会員募集中

登録すると、期間限定サービスや、各種お店の情報(希望による)
「徳島生活あんしん倶楽部」の新しい情報、各種講座など、お得な情報を配信します。ぜひ、この機会に登録してください♪

入会方法はカンタン!
右記のQRコードを読み取ってサイトに入り、友だち追加をして下さい。

QRコード